Leanな生活について考えるブログ

「LeanStartUp」や「デザイン思考」や「UX」な考え方についていろいろ考えたり、日々の生活で実践したり。

オレンジジュースの呼び方


よくマクドナルドとかレストランとかで飲み物を頼むとき、すごく困ったりするのだけれど、何が困るって、「なんか炭酸て気分じゃねーなー」「でもお茶とかの気分でもねーなー」ってなったときに頼むものが割りと「オレンジジュース」しかないということ。

別にオレンジジュースは嫌いではないよ。キライではないのだけれどすげえたのみづらい。なんか「ジュース」ってのがあれなんだよね。子供くさすぎるっつうか。

基本的にジュースって言葉が幼児語と化してるのが問題なんですよ。おかげでのどがかわいたときに頼む言葉だって「ジュースかってきて」ではなく「飲み物かってきて」ってなっちゃうわけですよ。でもそうなるとお茶とかもふくまれちゃうので「飲み物買ってきて、お茶じゃないやつ」とか回りくどいことをいわざるおえなくなるわけで経済的非効率で日本経済沈没の勢いなわけですよ。小泉さんピンチなわけですよ。だいたい「飲み物」っていいにくいんですよ。かんじゃったりしたら痛いんですよ。

というわけでもっとアダルティなジュースの呼び方を日本政府はかんがえるべきだとおもうよ。オレンジジュースをもっと頼みやすくするために。なんかこー「オレンディー」とかどうよ。「オレンディー」。「あーコーラじゃなくて、、、オレンディーひとつ」とかいったら!なんかちょっとアダルチックにたのめるじゃん!これいいね!登録商標とっちゃうよ!

今後僕はオレンジジュースのことをオレンディーと呼ぶことにしたので以後よろしく。<何を

広告を非表示にする