Leanな生活について考えるブログ

「LeanStartUp」や「デザイン思考」や「UX」な考え方についていろいろ考えたり、日々の生活で実践したり。

物語る技術の向上

近代化しはじめて以来、人の技術はあらゆる方向で進化をつづけているけれどもそれは物語る技術においてもまた然り。にゃっほう。いや脚本だけのことをいってるんじゃなくて。総合的に、そのひとの頭の中に、別セカイをつくることができる技術。映像もそうだし、声もそうだし、演技もそうだし。いまじゃ一瞬みただけで世界にはいりこむことが必要となるCMの技術の進歩もあるのかもしれませんが、いともかんたんに、人をひきこむことができる技術をみにつけつつある。だから、みんな、わざわざ自分で想像して世界をたちあげる必要がある演劇みなくなんのさ。それは自然なことでありあたりまえのことでありそれがだめだといっているやつはそれがだめですよね。ちなみにつくりたがるひとは自分でわざわざセカイを頭の中に作り上げるような、わざと想像力がひつようなもののほうを好むというわけです。

広告を非表示にする