Leanな生活について考えるブログ

「LeanStartUp」や「デザイン思考」や「UX」な考え方についていろいろ考えたり、日々の生活で実践したり。

シーン3 学校

○ 学校
 
テロップ「半年前」
 
 桜がふきあれている
 西島の名前アップ
 それをみている雄一
 上を見ると
 
 掲示板に3年生クラス発表とかいてある
 雄一、自分の名前確認する
 その下に西島の名前をみて
 雄一、驚く
 雄一の横に西島がいる
 二人がすれちがう
 
雄一の声「西島とは中学のとき以来、初めての同じクラスだった」
 
 
 
○ 公園(回想シーン)
 
 小学生のころのシーン
 仲のよい雄一と西島
 そこにゆうがやってくる
 
 
 
○ 教室(昼)
 
 休み時間
 黒板に7月とかいてある
 ぼーっとしている雄一
 その視線の先には西島がいる
 西島が親しそうに友人としゃべっている
 
友人「終電のがしちゃってさ」
西島「まじで?あほだ!なに?で、どうしたの、お前帰り」
友人「しょうがねえからそのへんで寝たよ」
西島「おまえチャリぱくって帰ればよかったじゃん」
友人「えー、いやー、良心がさ」
西島「おまえそれぐらいできねえと、男じゃないぜ?」
 
 
 わらっている二人
 
 突然雄一に友人1がしゃべりかけてくる
 
友人1「おい」
雄一「ん?」
友人1「いえーい」
雄一「なんだよ」
友人1「何見てんだよ、愛しの君?」
雄一「ちげーよ」
 
 西島見る
 西島どこかにいく

広告を非表示にする