Leanな生活について考えるブログ

「LeanStartUp」や「デザイン思考」や「UX」な考え方についていろいろ考えたり、日々の生活で実践したり。

集中時にはtechno、協調行動時にはjazz…って本当かよ

と、昨日読んだTimeHackの本に書いてありましたけれども。プログラムソースなどをかく時は、ミニマルなフレーズがくりかえし続くテクノ系がよく、人と協調して行動するときや計画をたてるとき、全体を把握するような行動をするときはjazzがいい。とか。まぁなんとなく感覚的にそんな感じは、経験則としてするけど。改めて、意識して音楽をそんな感じでかけてみると、まぁそんな感じがするといえばするような気がするがそうでもないような(どっちだよ)。

このへんを無理やりフロー理論にこじつけてみる。フロー理論てのは

フロー理論とは、その人にとってなにか“しっくりくる”ような分野や思わず夢中になってしまうことに関わっていて、我を忘れてその行為に没頭しているときの心理的状態を分析した理論です。チクセントミハイは60年代からシカゴ大学で“フロー”な状態についてアンケートなどを用いて分析してきました。
http://blog.goo.ne.jp/vergebung/e/8138b9c68144773c2032e5964e61f472

ってなかんじのことです。(あとはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BCとか参照)で、こうしたフロー状態になるためには
その人が処理できる「限界処理能力」以内の情報量であり、かつ退屈しない「覚醒限界」以上の情報量である環境であることが必要なわけです。

テクノを聞くことにより、困難、考えなければいけない状態、心配状態から、環境に対して予測可能性を増やして、フロー状態にもっていくことができる
ジャズを聴くことにより、予測困難性を環境に取り入れ、結果として情報量を増やして、退屈状態からフロー状態にもっていくことができる


http://www.ec.kagawa-u.ac.jp/~hori/data/chap9-2.html より

とか、関係があるんじゃねーかとか思ったり。こじつけですが。

広告を非表示にする