Leanな生活について考えるブログ

「LeanStartUp」や「デザイン思考」や「UX」な考え方についていろいろ考えたり、日々の生活で実践したり。

俺ブーム

世界史。何故か高校の参考書を買い捲り読んでいる。超面白い。高校時代世界史をとっていたものの暗記科目はくだらんとかなんとかきめつけっていうかぶっちゃけ覚えられなくて燦燦たるありさまだったのが思い出される。しょうがないのでセンターは倫理でうけた。ちなみに満点だった。えへん。2週間で満点がとれる倫理。受験生情報ねこれ。世界史とかであせってるやつはいまから倫理勉強したほうがいいよ。

いやそんなことはどうでもいいんだ。いや受験生にとってはどうでもよくないんだ。いや俺にとって受験生がどうでもいいんだ。そんなこというな。

話がすすMONEY!で、今回お勧めなのが、世界史の見取り図っていう東進ハイスクールの先生がだしてるやつな。普通参考書ってのは、毒にもならんことをだらだらかいてるせいでおもろくないんだが、このひとはかなり偏ってる。ってほどでもないんだけどね。参考書にしては色々自分の意見をかきまくってるので面白い。軽く歴史系の新書を読んでいる気分。

それでいて受験西洋に図、イラストも豊富でよみやすくまとまってる。最高!

というかだね。受験生時代おいらは参考書マニアだったんだけれどもだね。参考書ってのはね馬鹿にしちゃあいけない。ぶっちゃけ受験生だけがよむなんて超もったいないわけですよ。そんじょそこらのどこの馬の骨かわかんねえ社会人向けの歴史本なんてけちらすわけですよ。

個人的にはまじで一般向けに参考書をかきなおして売るべきやとおもうよー。英語の参考書とかもさー。社会人向けにかきなおせばすぐにうれるだろうに。

話がそれまくりなうえに中身ねえなあ。とりあえずですね。今はオスマントルコラブですよ。中近東ラブ。なんで受験生時代あんなに興味もてなかったかなあ。

というか問題があるとすれば理系のテスト前の俺が、二日間朝から晩まで世界史の受験参考書をよみまくってほかの事をなにもしないというそのことが大問題なわけでした今日もいい天気でした。外出てないけど。

広告を非表示にする