Leanな生活について考えるブログ

「LeanStartUp」や「デザイン思考」や「UX」な考え方についていろいろ考えたり、日々の生活で実践したり。

DISTANCE 監督 是枝裕和

映画という形でながれている時間よりも、この映画について考えている時間のほうが長く、そしてより楽しめるのではないかという、稀有な作品。

物語自体で語られることは多くない(そこかしこでその裏側にある重要な秘密もほのめかしているがわかりにくい)。口で語られることは多くはないが、役者が語る以外でもたらす、身体的な情報が膨大なのだ。

考えて感じるのではなく、感じて考える、きわめて日本らしい作品。



とか、まぁ適当にまとめたんですけれど、ぶっちゃけ、これ邦画がきらい!とかいってるひとには大不人気であることが予想されます。間がくそなげえし絵はみづらいし。でもやっぱあのアドリブっぽいかんじは、すごい好き。実験的だけど、実験大好きの俺としてはエンタメと実験の間をうまくくづりぬけ、一つの作品にしてくれたこの人を大絶賛したいとおもいます。まぁ「謎」にかんしても、あれですよ、ネットみないと意味わかんなかったへたれですけど、それぐらいだしおしみのほうが、見終わったとにぐっとくるかんじがしてよい。みてるときはいらついたけど。映画は見てる瞬間だけで完結するもんじゃなくて、映画にかんするさまざまな出来事をふくめて映画体験やとおもったりしますよねー。

広告を非表示にする