Leanな生活について考えるブログ

「LeanStartUp」や「デザイン思考」や「UX」な考え方についていろいろ考えたり、日々の生活で実践したり。

 トラックバック:電車内携帯がうざい理由。

電車内で携帯を使われると、その使われてる人間の周囲の人々が、その空気についていけない、というのがありますね。使っている人はすでに車外の人と空気を共有してしまっている。
 
具体的な弊害を言えば、使ってる人間の声が大きくなる(すでに車内とは空気を共有していないため、周囲を気にする必要がなくなる)。また、周囲の人間が、無意識のうちに、違和感をとりのぞこうと、空気を共有しようとする努力をしてしまう。つまり、ムショウにその会話内容を気にかけてしまう。でも一方の電話の向こう側の声がきこえないため、内容が理解できず、いらいらする。
 
まとめるなら、車内の空気から逸脱した行為をとっていることが反感をかうのでしょう。特に日本古来の「空気」を読みたがる人々には。
 
えーちなみに僕は車内で、電話をつかってよく怒られます。っつーか、メールまで注意するやつはもはやただの過剰反応だとおもう。

広告を非表示にする